TOP > 日本のもの > 昭和初期
ウラン硝子一輪挿し
昭和初期
ウラン硝子一輪挿し
[ 2,400円(税込2,640円) ]
大正から昭和初期頃に作られた少し厚みのある
ポッテリしたガラスに亀甲カットなどが施された
かわいらしい一輪挿しです。
ウラン硝子で親父さんが箱の中で暗くしてブラック
ライトをあてて見せてくれました。
徳利のような形なのでお酒を入れてもいいし
お水を入れるとまたガラスのいい雰囲気が楽しめるので
窓際にかわいいお花を飾ってもいいですね。
古いものなので多少こすれ感や気泡ございますが
割れや欠けはございません。
ウラン硝子なのに価格もかわいい価格です。
2つございますが同等のコンディションです。

※古いものですので多少こすれ感ございます。

サイズ:φ7cm/口φ3cm/H14cm
素材:ガラス
日本製



送料に関しましては、コチラのページをご確認下さい。
価格 2,400円(税込2,640円)
数量をご指定下さい。
数
  在庫確認はコチラから
この商品について問合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける